高齢者の安否確認

高齢者の安否確認

一人暮らしの高齢者の安否通報システム

内容
  • 1.トイレのドアに安否開閉センサーを取り付け、そのドアを開けると無線で本体に信号を送ります。
    本体は、12時間に1回も開閉の信号が送られてこなかった時に、電話通報機で携帯電話に音声通報を入れます。使うたびに信号が送られるのではなく、この通報を受けたら、何かの異常が発生しているので、通報を受けた人は電話をかけ直すことで、確認ができます。
  • 2.親は外泊する機会もあるので、その時は、外泊スイッチで、機能を一旦止めることが出来ます。
  • 3.”いざ”の時、間違いなく役立つことが必要不可欠ですから、開閉センサーの電池切れ、センサー自身の機能が生きていることをチェックするためのボーリング機能(オプション)も備えています。
  • 4.他のセンサー等を追加すれば、防犯・火災・緊急通報のホームセキュリティ機能も働きます。
  • 店舗案内
  • 鍵修理
  • 合鍵作製
  • 泥棒の犯行パターン
  • 防犯アドバイス
  • 住まいのセキュリティ
  • 取り扱い商品
  • 高齢者の安否確認
  • お問い合わせ
営業エリア

営業エリア

岡山県
倉敷市、岡山市、総社市、玉野市、浅口市、笠岡市…など